基本情報

ダイハツ生活協同組合(職域)とは組合員全ての皆さんの生協です! 是非 ご利用ください。

生協とは、消費生活協同組合法より 
「協同互助の精神に基づき、組合員の(職域内における)生活の文化的・経済的改善向上をはかる」事を目的として設立された非営利団体です。
設立までは労働組合の事業部として運営されていましたが、労使共同参加によって組合員の福利厚生の充実化を目的に「職域生協」として発足致しました。
生協法の精神は、組合員の皆さんで出資・利用・運営し、皆でそのメリットを享受する事です。
運営は、組合員参加のシステムとして職場のエリア毎に組合員約100名に1名の割合で総代を選出し、通常 年1回 総代会を開催しています。
今後更に 組合員の声を反映し、ご利用の拡大をはかり 魅力ある生協を目指してまいります。

概要

設  立 1972年3月
組合員数 約1万2千人
事 業 高 13億2,700万円
(2019年度実績)

組合員の加入と脱退

ダイハツ工業社員の皆さんは入社時に生協加入の申込みをして加入して頂き、
自動的に出資金1,000円が給与控除されます。
退職時には最寄の売店にて出資金が返金されます。

組織

組織表

運営体制

(2019年9月末) 備 考
総代 117名 (定款)100人以上150人以下
理事・監事 19名 (定款)理事15人以上20人以下、監事2人以上4人以下
生協本部 10名
生協売店 52名(12店舗)

年間のイベント

( 事業年度 : 当年10月1日 ~ 翌年9月30日 )
『理事会』(四半期毎):(通常)2月、5月、8月、11月(期末)/(臨時)随時
『通常総代会』(通常)12月/(臨時)随時

↑ページの上部へ